人材コンサルを目指す人へ

Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]

そもそも人材コンサルとは、求職者へコンサルティングを行い、採用、人事制度や給料制度、年金制度に関わる業務分野になります。さらに細かく分けると、新卒採用、中途採用、教育研修や退職プラン、福利厚生など、多岐にわたりコンサルティングを行います。人材に目を向けると、就職や転職、キャリアパス、キャリアチェンジなどこれまた多くのジャンルに別れます。人材コンサルを簡単にまとめると、求職者の能力、状況に応じたアドバイスやスキルアップの指導などを行う業種になります。

人材コンサルには、様々な経験を経て、個人で仕事を受け持つ方もいらっしゃいます。求職者、転職希望者のコンサルティングはもちろん、人材を他企業から引き抜いたり、ヘッドハンティングをしたりと、実社会での豊富な経験と人脈があってこそのワンランク上の人材コンサルになります。人を売り込むためには、高いレベルの業務知識、専門知識が必要なのは言うまでもなく、交渉力、分析力、コミュニケーションやプレゼン能力といった総合的な人間力が問われます。

求職者側からみた、人材コーディネーターに求めるものとして、まず、話を良く聞いて要点を的確に提案してくれる。話が長くなるとバラつきが出てくるが、そこを上手くまとめてくれる。出来る、出来ないをはっきり伝えてもらい、その上で提案をしてくれると言った事が求められます。人材コーディネーターはいかに、求職者からの信頼を得られるかと言う所が最大のポイントになります。人材コーディネーターは、高いスキルが求められる職種ではありますが、実力主義の世界であり、自分次第でいくらでも可能性を広げられる魅力的な仕事なのです。