人材コンサル:企業と労働者のメリット

Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]

就業難が大きな課題になっている現状、どの企業も人員の配置や採用など、人間そのものの扱い方全般に対し慎重になっている。その中で、人の扱いに特化した専門部隊が存在すれば、それは企業にとっても、雇用者や求人者にとっても、自分自身も能力を発揮しやすい現場に配属されることができ、企業にとっても客観的に内情を把握した上での適材適所の人材配置が可能となり、メリットが生まれる。人材コンサルの仕事は、人ひとりを慎重に吟味していかなければならない現代社会であるからこそニーズの高まりを見せてきた。

人材コンサルは人を見るプロである。また、人を見極めるには、客観的に人間性や能力を分析し、人だけではなく、周囲の環境や現代社会がおかれている状況などすべてに視野を広げる必要がある。幅広い客観性の中に、対象となる人間一人を置き、その人材の活かし方を考えることができるのが人材コンサルという名のプロである。それは、企業にとっても、労働者にとっても大切な視野を持ち助言を与えてくれる存在である。企業が一人ひとりの力で成り立つものであるからこそ、人材について専門的なアドバイスを行う人材コンサルが必要となる。

就業できず困っている人間を就労につかせることだけが人材コンサルの仕事ではなく、企業における人間を育成し、その能力を発揮させることが大切である。人間を見極めるプロであるからこそ、個人が自覚不可能な能力を見出し、企業における戦力へと繋ぐよう仲介していくことで、企業にとっても個人にとっても効率的な人材育成を行うことができる。企業の成立要件は資本金や売上金だけではなく、その根底にある人間の力である。その力を分析し、コーディネートしていく人材コンサルの力は今後も求められ続けるものであろう。