個人向け課題解決コンサル:人材コンサル

人材コンサルというと、一見企業の採用活動に関してコンサルティングを行うというイメージが強いであろう。しかし、人材コンサルの内容は、個人向けのサービスも展開しているのだ。対象となる個人としては、ビジネスパーソンの中で、正しい目標設定の仕方を把握できていない人や、その目標設定に対しての時間の効率的な費やし方を把握出来ていない人達となる。彼らの目標達成の力になるのが人材コンサルの仕事内容となるのだ。つまり、ビジネスパーソンの強い味方だと考えておかしくない。


これらの問題を抱える人たちを、人材コンサルはどのように判断しているのであろうか。人材コンサルによると、彼らは消極思考に陥っている傾向にある人か、情報不足により、良い目標設定の仕方を把握出来ていないなどの人が多いという。また、そもそも目標設定することの大切さにも気づいていない人がいるという。彼らは目標設定の仕方が分からず、また分かっていても目標設定を定めることやその目標を更新していくことが習慣化されていないのである。


そして、人材コンサルはそんな彼らに対し、そもそもなぜ目標設定を行うのか、それは成功するためである。ではなぜ成功したいのか、といったように、根本的な動機づけをはっきりさせるところから始める。そして、揺るがない動機づけを作った上で、その動機を具現化し、目標という形に落とし込み、目標設定として自分が日々何を行えばよいのかというレベルにまで細分化して目標設定を行っていく。このように、とても簡単にではあるが人材コンサルが個人向けに行うコンサルティング内容を説明したが、人材コンサルがいかに効果的であるかが、読者の方々に少しでも伝わっていれば、大変光栄である。

社員育成ツールの一つ:人材コンサル

会社の経営者や、管理者にとって、自社の社員の育成は大きな悩みの種であろう。これはいつの時代になっても、変わらず付き纏う問題ではないか。この解決策として、いろんな方法があるが、私はここで人材コンサルを導入することをお薦めしてみたい。人材コンサルは、外部からいわば人材育成の専門家を雇い、彼らが培ったノウハウで自社の社員を特性に合ったやり方で育成してくれるものだ。確実に効果が出る方法として、近年注目を浴びている。


例えば、社員の育成がうまくいっていない理由の一つに、会社の企業理念が浸透していないことが原因であるとする。このような会社内の不具合も、人材コンサルは発見してくれる。この場合、トップダウンで会社の企業理念を社員に押しつけても全く効果がない。むしろ逆効果を生んでしまうだろう。ここで必要なのは、社員と会社の理想や理念、また目指すビジョンを共有することであろう。そのためにはすり合わせも必要となるかもしれない。この社員と会社の理念、目標を一致させることが出来れば、企業理念をみなが共有出来ている状態を生み出せる。


そして、これらの複雑な内容を、長年のノウハウを用いて会社に合った方法で効果的に行ってくれるのが人材コンサルであるのだ。そして、彼らが介入してくれることで、まず会社に対する愛社精神が高まり、社内のコミュニケーションが盛んになること。通じて会社全体が一体感を持つようになり、競争力までも上がってくるという例が実際にいくつも起きているという。これらの効果が見込める人材コンサルにぜひ、自社の社員育成を託してみてはいかがであろうか。

人と企業をマッチングさせる人材コンサルタント

人材コンサルタントは企業と転職希望者を結びつけることを仕事にしている。主な役割は以下の二つである。 ①まずは企業に対するアプローチである。企業の経営課題に対応する採用の計画から実施まで総合的に支援する。 ②次に転職希望者に対するアプローチである。転職希望者のキャリアアップや転職の相談から入社までを支援する。 このように人材コンサルタントとは、企業に対して良い人材を、人に対して良い企業を紹介し、お互いをマッチングさせることを目的としている。


 人材コンサルタントが企業や人を第三者として客観的に判断するということは、当事者よりも現場に精通していなければならない。そのため企業概要や経営戦略にとどまらず、業界動向や職種に関する知識、業界の人材マーケットを熟知した上で企業が展開している経営課題をつかむ。それに対して人材力で応えるのだ。また、転職希望者に対しては、スキルや経験、転職への希望を的確にヒヤリングし適切なアドバイスすることが求められている。その上、人材コンサルタントは転職希望者と企業との価値ある結びつきを実現しなければならない。価値のある結びつきが生まれるからこそ、企業から感謝され、また転職希望者からも感謝される。つまり関わる人全てに利益を生む仕事なのである。


 人材コンサルタントに求められる素質は以下の二つである。 ①人の役に立ちたいという想いがある 転職は人にとって大きな転機となる。転職希望者本人が気づいていない可能性を引き出すために、謙虚かつ誠実に対応できる人間力が求められる。そのためには心の底から人の役に立ちたいという想いが必要である。 ②経営に興味がある 人材コンサルタントは直接経営者や現場のトップから相談される機会が多くある。経営者や現場のトップが抱える課題を的確につかみ、最大の効果をあげるソリューションを提供しなければならない。そのためには業界や人材に関する知識だけではなく、経営に関する幅広い知識も求められている。 つまり、人と企業が好きな人に人材コンサルタントの仕事は向いている。そのような人が、人と企業との価値ある結びつきを実現するのだ。

需要アップ:人材コンサルの仕事

これからの世の中、新卒で入社した会社に定年までずっと働くという働き方は減ってくるだろう。それは考え方の変化や、人材が国を超えボーダレスに混じり合うこと、転職を通じてキャリアアップを行っていくという新しいワークスタイルなど、様々な要因が考えられる。そして、そうなると、転職が増えていくわけである。その結果として必要となってくるのが転職を支援するサービスである。それが人材コンサルである。人材コンサルは、企業向けと転職希望者向けと、2パターン存在する。


まず、企業向け人材コンサルである。簡単に説明すると、企業が求めている人材を、どのように募集をかけるか、広告はどのように出すか、など採用に関する内容を広くコンサルティングしていくことである。企業が求めている人材がどのようなタイプで、そのタイプはどのような会社を求めているのか等を分析し、マッチングさせていくことを行っていく。広く一般に転職者を募集するよりも、求めるタイプに特化させて採用活動を行うことを、転職採用を行う企業は必要としている。


では、転職希望者向けにはどのようなコンサルティングを行っているのであろうか。転職希望者が、どのような業種のどのような仕事を求めているかを把握し、そういったタイプの人材を求めている企業を探し、双方をマッチングさせるのだ。人材コンサルティングを利用すると、転職希望者は手間や時間が削減でき、また双方が求めている内容なのかというマッチングの精度に関しても問題が生じる可能性は低くなる。転職における様々な問題を解決し、人材と企業をマッチングしてくれるのが、彼らの仕事なのだ。