人材コンサルサービス活用法

Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]

人材コンサルを活用する際、具体的にどのようなサービスが展開され、そのサービスをどう有効活用すべきか、ただの人材紹介で終わらないよう覚えておくべきでしょう。サービスを簡単に分けると、まず、こんな人が欲しい、自社に合った人材を見抜く方法を学びたい、募集職種や応募人数が多く、自社だけでは対応しきれない、応募者を増やしたい、応募者管理を効果的に行いたい、など自社だけでは対応しきれない部分を負担してもらうといった所が大半になります。<br/ ><br/ ><br/ >人材コンサルのサービスで、まず最初に採用関連が頭に浮かぶかと思います。依頼側の要望を事細かくヒアリングし、会社に合った採用基準を作り、採用方法の最適化、効率化など、採用業務全般に関する問題について取り組むといった内容です。人材コンサルに依頼する理由として、組織を活性化したい、会社の方向性を見直したい、または前向きに行動したいなどの点が挙げられます。自社ですべてを負担するのではなく、コンサルを挟む事により、ゆとりが生まれます。<br/ ><br/ ><br/ >気になる費用について、一見コンサルト料金は高いと思われがちですが、長いスパンで考えた時に社員一人を雇うのと派遣を採用するのはどちらが人件費を抑えられるか、こういった疑問に答えるのも人材コンサルの仕事、腕の見せ所になります。基本、人材コンサル会社も、社員一人を雇うよりも安く済むようにと、ある程度の基準があります。最後に、人材コンサル会社を選ぶコツとして、必ず複数のコンサルタントと面談した方が良いでしょう。結局最後は人対人なので、これは、と直感できるコンサルタントを選ぶことが重要です。