需要アップ:人材コンサルの仕事

Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]

これからの世の中、新卒で入社した会社に定年までずっと働くという働き方は減ってくるだろう。それは考え方の変化や、人材が国を超えボーダレスに混じり合うこと、転職を通じてキャリアアップを行っていくという新しいワークスタイルなど、様々な要因が考えられる。そして、そうなると、転職が増えていくわけである。その結果として必要となってくるのが転職を支援するサービスである。それが人材コンサルである。人材コンサルは、企業向けと転職希望者向けと、2パターン存在する。


まず、企業向け人材コンサルである。簡単に説明すると、企業が求めている人材を、どのように募集をかけるか、広告はどのように出すか、など採用に関する内容を広くコンサルティングしていくことである。企業が求めている人材がどのようなタイプで、そのタイプはどのような会社を求めているのか等を分析し、マッチングさせていくことを行っていく。広く一般に転職者を募集するよりも、求めるタイプに特化させて採用活動を行うことを、転職採用を行う企業は必要としている。


では、転職希望者向けにはどのようなコンサルティングを行っているのであろうか。転職希望者が、どのような業種のどのような仕事を求めているかを把握し、そういったタイプの人材を求めている企業を探し、双方をマッチングさせるのだ。人材コンサルティングを利用すると、転職希望者は手間や時間が削減でき、また双方が求めている内容なのかというマッチングの精度に関しても問題が生じる可能性は低くなる。転職における様々な問題を解決し、人材と企業をマッチングしてくれるのが、彼らの仕事なのだ。