人と企業をマッチングさせる人材コンサルタント

Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]

人材コンサルタントは企業と転職希望者を結びつけることを仕事にしている。主な役割は以下の二つである。 ①まずは企業に対するアプローチである。企業の経営課題に対応する採用の計画から実施まで総合的に支援する。 ②次に転職希望者に対するアプローチである。転職希望者のキャリアアップや転職の相談から入社までを支援する。 このように人材コンサルタントとは、企業に対して良い人材を、人に対して良い企業を紹介し、お互いをマッチングさせることを目的としている。


 人材コンサルタントが企業や人を第三者として客観的に判断するということは、当事者よりも現場に精通していなければならない。そのため企業概要や経営戦略にとどまらず、業界動向や職種に関する知識、業界の人材マーケットを熟知した上で企業が展開している経営課題をつかむ。それに対して人材力で応えるのだ。また、転職希望者に対しては、スキルや経験、転職への希望を的確にヒヤリングし適切なアドバイスすることが求められている。その上、人材コンサルタントは転職希望者と企業との価値ある結びつきを実現しなければならない。価値のある結びつきが生まれるからこそ、企業から感謝され、また転職希望者からも感謝される。つまり関わる人全てに利益を生む仕事なのである。


 人材コンサルタントに求められる素質は以下の二つである。 ①人の役に立ちたいという想いがある 転職は人にとって大きな転機となる。転職希望者本人が気づいていない可能性を引き出すために、謙虚かつ誠実に対応できる人間力が求められる。そのためには心の底から人の役に立ちたいという想いが必要である。 ②経営に興味がある 人材コンサルタントは直接経営者や現場のトップから相談される機会が多くある。経営者や現場のトップが抱える課題を的確につかみ、最大の効果をあげるソリューションを提供しなければならない。そのためには業界や人材に関する知識だけではなく、経営に関する幅広い知識も求められている。 つまり、人と企業が好きな人に人材コンサルタントの仕事は向いている。そのような人が、人と企業との価値ある結びつきを実現するのだ。